全国スターレーンクラブ会長

2004年に全国スターレーンクラブの会長として具志堅用高氏が就任されました。

具志堅用高氏

プロフィール

昭和30年6月26日、沖縄県石垣市生まれ。昭和49年5月28日プロデビュー。プロ9戦目の昭和51年10月10日山梨県甲府市での対ファン・グスマン戦で7回KO勝ちし、WBA世界J・フライ級チャンピオンに就く。

以後同タイトルを13度防衛。サウスポーからの戦慄的な強打は、『カンムリワシ』と呼ばれ対戦者から恐れられた。

プロでデビューして以来2年5ヶ月でタイトルを獲得、13度連続世界タイトル防衛、7連続KO防衛、計15度の世界タイトルマッチ経験など日本記録を多く書き換え、プロスポーツ大賞2年連続獲得というビッグタイトルも手に入れた。

現在白井・具志堅スポーツジム会長。