【we-Bowling vol.12】ボウリングって健康にいいらしいの巻

数あるスポーツの中でもボウリングの参加人口は非常に多く,日本では2,000万人以上と言われています。他のスポーツに比べて「する」スポーツとしてはとても人気があります。野球やサッカー,バスケットボールなど,「見る」スポーツとして人気の高いものはいくつもありますが,社会人になると「する」には足が遠のいてしまいますよね。ボウリングは小さいお子様からご高齢の方までが参加できて,且つ健康にも良いという側面をもったスポーツなんです。

ボウリングというのはとても社交的なスポーツでもあります。ストレスを取り除く効果もあれば,競争本能を刺激する効果もあり,脳にも良いと言われています。 先ほど,ボウリングは多くの人がボウリングに参加していると言いましたが,その多くの人は「競う」ことを目的としているというよりは,家族や友人と時間を楽しく過ごすことを目的としていると思います。そんな皆さんに,ボウリングを「趣味」にしていただきたい理由があります。ボウリングは「楽しめること」がメリットで,「他には特にないでしょ?」なんて思ってませんか?

ボウリングはただの身体運動ではありません。持久力も身につきますし,カロリーも消費します。ボウリングの健康への恩恵を是非知って頂きたいのです。 ボウリングの前に体を温める為の軽い運動をしたり,ストレッチをする人も多いと思いますが,これは非常にオススメです。例え週に1回でも,筋肉・腱・靭帯や関節などにはとてもメリットがあります。

そして,ストライクやスペアを狙ってアプローチを歩く小さな運動だけでも脚の筋肉の良いエクササイズになります。ボウリングの場合にはウォーキングと異なり,ボールを振りながら歩きますから,腕周りの関節にも良い効果があります。 ボウリングのフォームにも,もちろん脂肪燃焼の効果があります。ボウリングをしているとき,体をねじったり,振ったり,回したりという動きのときには特に脂肪が燃えているでしょう。1ゲームでの消費カロリーは大体170kcalから300kcalと言われています。

ボウリングは友達の輪を広げる効果もあります。それまで知らなかった人たちと新しい関係を築いていくことができたり,家族や親友との関係を良くしていくことが期待できます。様々な人と関係を築いていく事は,心理学的にも心筋の働きを良くして寿命を伸ばすと言われています。心的なストレスを抱えることは寿命にも影響しますし,体にとっても害のあることですから,友人関係を作っていって楽しめる環境を広げていきましょう。

ボウリングは筋肉に負担をかけ過ぎず,かといって休み過ぎないスポーツです。恐らくは月に1回程度では上記の効果は望めないかもしれません。大事なことは普段から続けていくことです。ですので,ボウリングのリーグ戦に参加して週に1回はボウリングをするように決めてしまうことはとても体にとっていいことです。また,毎週どこかで練習をするように決めることもいい方法ですし,ボウリングの技術向上にもつながりますよね。

もちろん,ボウリングをしているかたわら,飲み過ぎ・食べ過ぎでは効果は相殺されてしまいます。正しい方法で,健康な生活につなげていきましょう。