【we-Bowling vol.6】始めたばかりだけどどうすればうまくなるの?

前回はボウリング場での暗黙のマナーについてでした。周囲への気遣いができれば,今度は自分に集中する番です。今回は「初心者の方」向けの”コツ”ですので,ベテランさんの方は読み流してしまって下さいね。

ボウリングがうまくなる基本は「毎回同じように投げること」が一番です。そのためには「自然に」「同じ動作で」投げられることが大事になってきます。初心者の方はボールをまっすぐ,同じように投げられるようにしましょう。ただ,この「まっすぐ」が意外と難しいんですよね。左に曲がったり,右に曲がったりしてしまう…。でも,そこはご心配なく。むしろ,ボールを曲げられることはストライクやスペアを取るためには有利になります。その場合も,いつも自然に,同じように曲げられるように練習しましょう。

続いては「歩き方」。ボウリングは何歩あるいて投げるでしょうか?普段,何歩歩いているか数えていないという方もいますよね。実は,何歩あるけば良いかに答えはありません。3歩でも,4歩でも,5歩でも,6歩でも,自分にあったものならOKです。歩き方によって投げ方やスピードが若干変わりますから,身長や歩幅などその人にあった歩数を調整してみましょう。もちろん決めた後は,常に同じ歩数で投げるべきです。

ボールを持って,歩いたら,次はボールの放し方です。このボールを放すタイミングも毎回同じように意識してみましょう。ボールをどう放すかで,ボールがレーンに落ちる場所やボールの転がり方が変わってきます。右利きであれば,ボールが左足を過ぎるときに,すぐ離れるようなタイミングを意識しましょう。

うまくなる秘訣は「無理をしない投げ方」で「簡単に投げられる投げ方」を自分の中で作っていくことです。「プロがあの投げ方をしているから」といって,無理な投げ方をする必要はありませんよ。

ここまでをまずは実践してみてください。ストライクが連続で出せるようになるかもしれませんよ!