【we-Bowling vol.8】ボウリング場で楽しむにはどんな服装がいいの?

前回まではどちらかと言えば,「どうすればボウリングが上達するか」がメインの内容でしたが,今回は着ていく服装のお話です。

ボウリングもスポーツですので,ふさわしい服装があります。ですので,ボウリング場に行く予定があれば,ちょっとだけ気をつけた方がいいことがあります。もし,行くボウリング場が決まっていたら,そこにどういう設備があるかは知っていた方が何かと便利です。マイボールやマイシューズを持っている人は特に,ボウリング場にロッカーがあれば,借りられるか訊いてみるのが一番です。家から持っていくのは大変ですからね。

ボウリング場によっては,ボウリング以外のアトラクション(ゲームコーナーがあったり,卓球やダーツができたりするかも?)があるかもしれないので,それにも服装を合わせていったほうがいいかもしれません。

ボウリングでは特に「靴下」を絶対に忘れてはいけません(フロントで販売している場合もありますが)。レンタルシューズは大抵の場合は,衛生上素足で履くことが禁止されています。ボウリング場に行く予定があったら,鞄に靴下を忍ばせておきましょう。できれば,ボウリングをしたあとの履き替え用に予備に1組持っていてもいいですね。

ボウリングをしている間は,当然体が熱くなりますので,長袖は適当ではありません。少なくともボウリングをしているときは半袖かノースリーブ。肌寒ければ,羽織るものをもっていきましょう。ボトムについていえば,ロングスカートは避けたほうがいいですよね。また,ボウリングをしていると前髪が顔にかかりやすいので,髪型も注意ですね!

ゲーム中に指輪を外す人もいると思いますが,無くしたり盗まれたりしないように注意が必要です。身に着けて行かないのも1つの選択肢です。また,つけ爪をしていると,ボウリングをしている間に取れてしまったり,割れてしまったりすることがあります(;_;)。この辺りも気をつけなければいけません。

繰り返しますが,靴下はお忘れなく…。靴下を忘れて,素足にサンダルでボウリング場へ…なんてことのないようご注意を。ボウリングに行く日が決まっていたら,なるべく予約をとることをオススメします。ボウリング場では,曜日や時間帯によって,決まったリーグ戦をやっていたり,イベントをやっていたりすることが実は多いんです。レーンが貸切になってしまっていると,何時間も待つことになってしまうこともありますから,事前に調べておいたほうがいいです。ボウリングも予約ができることを知らない方が多いかもしれませんが,時間帯によって予約ができる場合がほとんどですから利用しない手はないと思います。

さらに,ボウリング場へ向かう前に,ボウリングのマナーをチェックしてから行けたらカッコイイですね!